おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

外科肛門外科 痔の注射療法 痔の日帰り手術 痔の薬物療法 巻き爪他一般外科治療
診療科目案内
切れ痔
‘Listen to the patient, he is telling the diagnosis.’有名な内科医の格言ですが、肛門疾患においても同じことがいえます。患者さんの訴えを聞くとおおよそ診断は予想できます。そして肛門科を訪れる患者さんのほとんどは以下のいずれかにあてはまります。
 1、痔核(いぼ痔)
 2、痔ろう(あな痔)
 3、裂肛(切れ痔) 

裂肛には急性裂肛と慢性裂肛があります。

急性裂肛は便秘などで硬い便が通るときに肛門にキズがついて痛みや出血を引き起こす病気です。切れている傷も浅く、肛門の緊張は強くても狭窄の程度は軽いことが多いので、便を軟らかくする薬を内服しながら坐薬を使用することでほとんどの場合で改善します。薬物療法でも改善が見られない場合には括約筋を広げる手術を行なうことがあります。

慢性裂肛は長年繰り返す裂肛のために肛門が狭くなってしまった状態です。便は細くなります。通常薬物では治りきらない慢性化した傷が肛門内にあるため、痛みや出血を繰り返します。この状態では手術を行なわないと治癒は望めません。写真は慢性裂肛の状態です。この症例では麻酔がかかった状態でも鉛筆一本分の太さしかありませんでした。

写真(慢性裂肛の状態)
慢性裂肛の状態

3種の痔 あな痔
いぼ痔 切れ痔

小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3







きらずに治す痔の治療 大腸内視鏡 経鼻内視鏡
日帰り手術について 初診問診表
トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO