おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

治療方針
肛門治療への取り組み
 これまでずいぶん多くのがんの手術をしてきました(消化器外科、消化器がん専門医でもあります)。がんの手術は直後にやり遂げた喜びはもちろんありますが、その後は常に再発の危険性が付きまといます。自分の行った判断や手術が正しかったのだろうか、あれでよかったのだろうか、本当の結果は5年たってみないとわからないところがあります。そのころには同じ職場に勤めていないことも珍しくありません。


 一方、肛門の手術はたちどころにその結果が目の前に現れます。肛門疾患の多くは、がんのように生命に関わる悩みではありませんが、痛みや人に言えないつらさは大変深いものです。患者さんが誰にも言えず何年も思い悩んだ症状を打ち明けてくださり、その悩みを自身の技術で解決することができます。症状から開放されたときの患者さんの喜びが手に取るように分かります。当たり前のことかもしれませんが、「自分が誰かの役に立ち、自分の事を必要とされている実感」に、ひとりの社会人として、また医師としての喜びを覚えます。心からよかったなと感じる一瞬です。


 また、内視鏡検査をする過程で思わぬ病気を発見できることが多くあります。苦しいと思われている内視鏡の検査を「楽だった」といっていただき、さらに早い時期に病気を発見して治療することで患者さんに本当に喜んでいただける分野だと考えております。
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3







きらずに治す痔の治療 大腸内視鏡 経鼻内視鏡
日帰り手術について 初診問診表
トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO