おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

胃大腸内視鏡内科 経鼻内視鏡検査 大腸内視鏡
診療科目案内
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3







胃大腸内視鏡内科について
 食道、胃、小腸、大腸など消化器系の疾患を正確に把握するために、内視鏡は大変有効な医療機器です。しかし内視鏡に対する従来のイメージは「つらい、苦しい、大変」というものでした。痛みや苦痛を乗り越えることで病気から開放される手術などの治療とは違い、検査はあくまで検査です。「苦しくないにこしたことはない」ものです。検査の際の苦痛さえ取り除くことができれば内視鏡は非常に有効ですばらしい検査方法です。


 内視鏡検査は、患者さんへの苦痛を軽減させる技術はもちろんのこと、描出される画像を精緻に読み取り、病巣を発見できるかどうかに医師の力量が問われます。これは臨床経験の積み重ねによって培われるものです。当院長は内視鏡専門施設である平塚胃腸病院での診療をはじめとして数多くの上部内視鏡、下部内視鏡検査の経験を積んできました。


 また、消化器疾患は内視鏡の検査によって正確な病態を把握した上で、内科的なアプローチと外科的なアプローチを考える必要があります。患者さんにとって最適な治療法を提案するには、医師は内科・外科どちらの知識も技術も必要になります。当院長は消化器外科学会の認定専門医ではありますが、内科・外科を問わず常に患者さまのお立場からどのような治療法が最適なのかを、患者さんとともに考えてまいります。その上でご希望に応じて適切な医療機関への紹介も行っています。



 
きらずに治す痔の治療 大腸内視鏡 経鼻内視鏡
日帰り手術について 初診問診表
トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO