おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

外科(肛門外科)とは 痔の注射療法 痔の日帰り手術 痔の薬物療法 巻爪、一般外科治療
診療科目案内
外科(肛門外科)とは
 おばら消化器・肛門クリニックでは、外科一般の診断治療を行います。特に、肛門科(肛門外科)に関しては年間手術件数2000症例を数える社会保険中央総合病院・大腸肛門病センターにおける臨床経験を基に、以下を地域の中で提供することを皆様にお約束いたします。


 先端の医療知識
  (7所属学会における継続的な知識と情報の習得に励みます)


 
 高度な医療技術
  (5学会の認定専門医として高度な手技・手術の実践、研鑽に努めます)



 安全な医療体制
  (先端医療機関での勤務経験により、中核病院医師と連携いたします)


 診察対象となる症状は習慣性の便秘や下痢、腹痛、腹満感、排便時の出血、肛門周囲の痛み、かゆみ、違和感、腫れた感じ(脱肛症状etc)などです。

手術 いままでは一般的に肛門の病気を扱う診療科としては「肛門科」と標榜するのが一般的でした。しかし2008年から、一般の方々により分かりやすい表記の仕方を広めるという目的で厚生労働省指導の下「肛門外科」という表記に改めるよう規則が変わりました。


 「肛門外科」という表記が「肛門科」に比べて一般の方にとって分かりやすいかどうかは疑問ですが、決定してしまったからには仕方がありませんので当院も「肛門外科」という標榜を使用しています。しかし従来の肛門科となんら診療内容は変わりありません。


 外科とつくとすぐに何でも手術してしまいそうですが、そのようなことはありません。実際当院を初診される肛門疾患の患者さんで手術が必要になるのは1割から2割程度です。治療の基本は薬物療法と生活習慣の改善です。しいて「肛門科」との違いを考えるならば、最終手段として手術を行う技術を持ち合わせている医師が「肛門外科」なのかもしれません。


 一口に肛門に関する病気といっても、内痔核(いぼ痔) 内外痔核(いぼ痔) 痔ろう(あな痔) 裂肛(切れ痔) 血栓性外痔核 かんとん痔核 肛門周囲膿瘍 肛門小窩炎 肛門ポリープ 肛門狭窄 肛門湿疹 括約筋不全 直腸粘膜脱 直腸脱 直腸膣壁弛緩 尖圭コンジローム 乳児痔ろう 等、数多くの疾患と病態の個性があります。当然それぞれにおいて選択される治療法も異なります。


 肛門領域の疾患は受診までに「はずかしさ」や「てれくささ」という眼に見えにくい精神的な壁がありますが、どうか勇気を持って一刻も早く専門医の受診をしていただきたいと思います。長年お一人で悩みつづけられることは、病状を悪化させることはあっても、患者さんの健康にとってよいことは何もないと思います。専門医は患者さんの晴れやかな笑顔を見ることを目標に日々診察に当たっております。どうぞお気軽にご来院下さい。
3種の痔 あな痔
いぼ痔 切れ痔
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3







きらずに治す痔の治療 大腸内視鏡 経鼻内視鏡
日帰り手術について 初診問診表
トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C) おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO