おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

よくあるご質問
よくあるご質問
患者さまから「よくあるご質問」を掲載しております。
排便時に出血があり心配です。
多くの場合は肛門疾患ですが時に大腸疾患が原因の場合があります。40歳をすぎた方で3年以内に大腸の検査を受けたことがない方は一度検査(内視鏡もしくはレントゲン)をお勧めします。若い方でも腹痛や下痢などを伴う方では大腸検査を受けたほうがよいでしょう。
他の病院で痔核(いぼ痔)の手術が必要だといわれました。
手術が必要かどうかは患者さんが感じる自覚症状と薬物療法に対する効果で決めればよいと考えています。診察や健診で痔核が見つかったからといってそれだけで手術する必要はありません。がんなどと違い早期発見・早期手術は必ずしもあてはまりません。特別な場合をのぞいて予防的治療の目的で手術する必要もないと考えています。当院を受診される肛門科の患者さんで手術が必要になる方は1割程度です。ご心配でしたら一度診察にいらしてください。
どのような方が手術の対象になるのですか?
痔ろうでは原則的に根治手術が必要です。痔核では脱肛(排便時に肛門の外にとび出てくる。それを用手的に押しこむ必要がある状態)症状のある方は手術もしくはジオン注®の適応になります。出血症状のみの場合には坐薬で改善することがほとんどですが、坐薬の効果が不十分の場合には注射による硬化療法や手術を行なう場合もあります。切れ痔ではまず坐薬や軟便剤で治療しますが、効果が不十分の方や、すでに肛門が狭くなっている方では手術が必要となります。
女性の患者さんもいますか?
自覚している、していないかにかかわらず、日本人の3人に1人は痔をもっているといわれています。もちろ     ん女性の患者さんも大勢いらっしゃいます。女性では男性にくらべて便秘の方が多いので、切れ痔でお悩みの方が比較的多く見受けられます。おしりの悩みと同時に便秘の悩みも解消されてお帰りになる患者さんも多くいらっしゃいますので是非ご相談下さい。
大腸の検査は苦しいと聞いたのですが…
大腸の検査のつらさの原因として次の2点が挙げられます。①大量の下剤(2リットル)を飲まなくてはいけない。またその味がまずい。②検査中おなかが張って痛い、苦しい。当院では①に関してより飲みやすい下剤を用いています。従来多くの施設で用いられてきた塩水のような味の下剤の替わりに、スポーツドリンクのような柑橘系の甘酸っぱい味のものを用いています。内服量は1.8リットルと若干少なめです。冷蔵庫で冷やすとかなり飲みやすくなります(私自身はおいしく感じて20分程度で飲んでしまいました)。どうしても一度に内服できない方には900ccずつ2日間にわけて飲む方法もご用意しています。


また2008年9月から医療施設での通常使用が認められたビジクリア錠は上記のような従来の液体下剤にかわり錠剤の内服で行なう内視鏡検査前の前処置薬です。ミネラルウォーターや麦茶、ウーロン茶などで錠剤を内服することで従来の方法とほぼ同等の洗浄効果が得られます。今まで下剤の内服に際してその独特の味や風味でご苦労された経験のある方には朗報です。


検査が終わって、「必要であればまたこの検査をうけても構わない」という気持ちになっていただけてはじめてその検査がうまくいったといえるでしょう。「もう2度とこんな検査はうけたくない」という気持ちさせてしまう検査は失敗といっても過言ではありません。②に関してはそのほとんどが検査をする医師の技量に左右されます。検査中の患者さんの苦しみに無頓着な医師が行なえば非常につらい検査になってしまいがちです。当院では大腸内視鏡検査をいかに苦痛なく受けていただけるかを挿入方法含めもっとも重要視しております。以前他の病院でつらかったので受けるのが怖い、知り合いからつらい検査だとおどかされていて戸惑っているなどという方がいらしたら是非一度ご相談下さい。すこしでも楽に受けられるように全力をつくします。
診察をうけるのが恥ずかしいのですが…
肛門科の診察をはじめてうけることがいかに一大決心を必要とするかは、多くの患者さんの声を聞いてきて私自身十分理解しています。 身内や友人にも相談できず、インターネットで調べたり、情報を集めておられる方が大勢いらっしゃいます。そして清水の舞台から飛び降りる決断をされ、緊張と不安なおももちで来院される方々の相談を受けるたびに、何をしてあげられるかを全力で考えています。肛門疾患は決して少数の人がかかる特殊でかっこわるい、恥ずべき病気ではありません。普段の会話では話題にできず、誰にも相談できずにいる人々がまわりには大勢います。虫歯やカゼや高血圧と同じように肛門疾患はきわめてポピュラーな病気のひとつです。ひとりでくよくよ悩まずに一度相談しにいらしてください。
どんな姿勢で診察を受けるのですか?
当サイトにも図で説明してありますが、診察ベッド上での基本的な姿勢は左肩を下にした横向きの姿勢です。膝を軽くかかえこむ姿勢をとっていただきます。 男性で体格のよい方などでは時に仰向けの姿勢をとっていただきます。ズボンやスカートなどの衣服は軽くずらしていただくだけで結構です。ベッドでの診察は1分ぐらいで終わります。
最近おなかが張ったりガスが多いのですが。
ガスが増えることの要因のひとつとして腸内細菌のバランスの乱れがあります。食事の内容(肉食、洋食中心の食事から穀物、豆類、根菜類など線維成分に富んだ和食中心の食事へ)や運動、睡眠といった基本的な生活リズムを見直しましょう。一方、ストレスなど精神的な負担から生じる場合も少なくありません(過敏性腸症候群)。このような場合に西洋薬のほかに漢方薬が有効な場合もありますので是非一度ご相談下さい。ただし時に大腸癌の症状のひとつとして「おなかが張る」場合もありますので40歳以上の方では一度大腸の検査をお受けすることをお勧めします。
入院での手術は可能ですか?
すべての患者さんに日帰り手術をお勧めすることはありません。入院手術には、①術後に入院生活でゆっくり体を休めることができる ②医師や看護師がすぐそばにいるので安心感がある ③手術後のトラブルに対し24時間迅速に対応してもらえる などのメリットがあります。日帰り手術のメリットは ①費用が安くすむ(1週間の入院で痔核の手術を受けた場合7万~8万円、日帰り手術では2万~3万円)②術後に自宅で気兼ねなく過ごせる などです。当院では残念ながら入院施設がないため、入院治療をご希望の方には入院可能な施設への紹介を行なっております。
手術後の痛みが心配です。日帰り手術では翌日から仕事ができますか?
疾患、術式にもよりますが、原則的に数日間から1週間ほど仕事を休んでいただくことをお勧めします。「日帰り」とはいえ行なう手術内容は入院で行なうものと同様です。術後の痛み対策にはできる限りのことはいたしますが、痛みの感じ方には個人差が大きく、残念ながらすべての方に翌日から無理なく職場に復帰することをお約束することは出来ません。数日間は自宅で入院するぐらいの心づもりでいただくほうがよいと思います。
小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装2
内装3
 
 
 
 





トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO