おばら消化器肛門クリニック

おばら(小原)消化器肛門クリニックは胃・大腸への痛みの少ない内視鏡検査、痔などの肛門疾患治療を臨床経験豊富な専門医が行います 

おばら消化器肛門クリニック 東京都大田区矢口2-11-23 電話03-3750-8218  
トップ交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ 
診療科目案内 治療方針 医師紹介 診療体制 初診の方へ よくあるご質問
 肛門科(外科)
 胃・大腸内視鏡内科
 内科・小児科
 地域の医師として
 肛門治療への取組み
 プライバシーへの配慮
 ごあいさつ・略歴
 著作・研究実績

 院内設備
 よくある消化器の病気

 初診診察の流れ
 問診表
 費用について
 よくあるご質問
 痔の便利情報

大腸がん 大腸ポリープ 炎症性腸疾患 機能性腸疾患 便秘・便疾患
診療体制
炎症性腸疾患
潰瘍性大腸炎 最近、10代20代の若い年代に急増しているのが、炎症性腸疾患です。腸に原因不明の炎症をおこす慢性疾患の総称で、長期間下痢や血便が続きます。


 発熱など他の症状がなく、よくなったり悪くなったりしながら下痢や出血が続く場合は「炎症性腸疾患」が疑われます。具体的には潰瘍性大腸炎(9万人以上)、クローン病(25000人以上)の二つがあります。この病気の怖いところは、主な症状が下痢や出血、食欲不振、腹痛などありふれた胃腸病と似ているため、診断が遅れることが多い点です。


 特に若い世代の場合、体力や健康に自信を持っているため、腹痛や下痢を軽く見る傾向があります。他の病気と誤診され(痔、拒食など)たり、放っておいて重症化すると、貧血や急激な体重減少が起き、腎結石、膵炎、皮膚や目の異常などの合併症、大腸がんを発症することもあります。


下痢も腹痛も体が異常を知らせてくれているメッセージと考え、専門医の受診をされたほうがよいと思います。

小原医院は平成20年7月よりおばら消化器肛門クリニックとしてリニューアルいたしました。

内装1
内装
内装3







きらずに治す痔の治療 大腸内視鏡 経鼻内視鏡
日帰り手術について 初診問診表
トップ肛門科(外科)胃・大腸内視鏡内科内科・小児科地域の医師として肛門治療への取組みプライバシーへの配慮
ごあいさつ・略歴著作・研究実績院内設備よくある消化器の病気初診診察の流れ問診表費用についてよくあるご質問
痔の便利情報交通案内医療機能情報院長コラムサイトマップ
Copyright (C)  おばら消化器・肛門クリニック All right reseved
produced by FARO